ランディングページの本体を作る

ランディングページはファーストビューで潜在的顧客を惹きつけるのが最優先事項ですが、そこで終えるよりも、より詳しく説明することで訴求力を高めることが出来ます。ページの本体はその意味で手を抜くことができません。本体の要素としては、さらなる関心喚起、メリットの説明、信頼等が考えられるでしょう。ファーストビューで目を留めてくれた人たちを相手にするわけですから、彼らの目的を分析した上でストーリーを作れば、さらに関心を強めてくれるはずです。

商品の説明部分では、その商品の使用にどのようなメリットがあるのか詳述しましょう。特に競合他社商品との差別化は大切になります。信頼については今更説明するまでもないでしょう。エビデンスや実績をファーストビューよりも詳しく掲載すればよいのです。例えばお客様の声等は訴求力を高めます。最後にクロージングについてお話ししましょう。ランディングページの構成としては、ファーストビュー、ボディコピー、クロージングがあります。クロージングはユーザーに対する訴えかけの仕上げであり、ここでミスしなければ当初の目的を達成できます。具体的には、いよいよ購入する気になったユーザー、会員登録する気になったユーザーを、スムーズに行動に誘うことを指します。つまりCTAがクロージングの中核になるのです。クロージングのスキルで最も重視されるのが、フォームの最適化です。

購入であろうが会員登録であろうが、フォームへの入力は必ず発生します。このフォーム入力が面倒だと感じたユーザーは、そのサイトから離れてしまう可能性が高いからです。つまり入力が完了するまでストレスを感じないようなフォームを設計することが肝になります。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です