分類体系

優先語を階層として変化させることを「分類体系」と言います。今日、分類体系の代わりに分類学が好まれているようですが、いずれにせよ大事なことは、これらの階層が「異なる形式をとれるし、複数の目的を果たせる」ということです。異なる形式、複数の目的として、例えば、「フロントエンドのブラウザ可能な階層」が挙げられます。可視性があり、ユーザーインターフェースを統合しているからです。また、「著者やインデクサー(インデックス・索引を作成する人)によって使われるバックエンドツール」も該当するかもしれません。ドキュメントの組織化とタグ付けを目的とするからです。デューイ十進法では、最上層が10のカテゴリーに分かれた階層的な一覧となっていて、各カテゴリーをかなり細部まで掘り下げています。また別の例として、ある動画配信サービスでは、利用者が自分の好みに近い新しい映画を見つけられるよう、高度な分類スキームを使っています。「ドラマ」「コメディ」といった基本的なジャンルはもちろん、当動画配信サービスで配信されている映画の膨大な細かいジャンルにまで分類されています。大まかな分類もあれば、細かく指定された分類まであり、ユーザーが好みに合わせた映画を見つける手助けとなり、ひいては配信促進に結びついていると言えるでしょう。分類体系の重要なポイントになるのは、一度きりの閲覧やインスタンスに縛られるのではないということです。あらゆる方向から、バックエンドにもフロントエンドにも利用できます。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です