プロトタイピングとは

プロトタイピング

機能や安全性を作ってから検証するわけにはいきません。作り始める前にプロトタイプ(検証用の試作品)を作って検証する作業を、プロトタイピングといいます。 これをWebサイトの制作でも同様に行うことで、作ってしまってから作り直す箇所が発生するといった自体を避けることができます。
前ページのデザインカンプは印刷など静止画のデザインから発生した概念で、主にできあがりの色や形を止まった状態で確認するものです。 見た目よりも操作性が重視されるWebサイトの制作においては、デザインカンプよりもプロトタイピングの方が完成像の確認には適しています。

求人サイトは 、ポスターのような 1枚の印刷物ではありません 。複数のページ、 階層を移動(遷移)しながら、情報を伝えるメディアです。サイトマップの通りに画面遷移を組み立てておかしな箇所がないかを検証したり、ワイヤーフレームの通りに画面を組み立てて不自然なUI になっていないかを確認し、改善していきます。実際の制作を始める前にプロトタイプを 作っておくことで 求人サイトが適切に機能するかど うかをあらかじめ確認することができます。